Motoyuki's Resilience Life

レジリエンスな生き方を高めるべくIT・教育・仮想通貨など興味に対する考えを綴るブログ

ハロウィンで仮装するのはなぜ?なんと生きるための策だった?

10月末が近づくにつれニュースも街中もハロウィン一色。
朝のニュースも、昼のニュースも、夜のニュースもハロウィンハロウィン・・・

  • なぜ10月31日がハロウィン本番かご存知ですか?
  • なぜハロウィンで仮装するかご存知ですか?
  • なぜカボチャをくり抜くかご存知ですか?

1日明けて、一体ハロウィンがなぜこんなに取り上げられるのか気になってきたので
少し調べてみました。(ちなみに私は調べるまで全然知らなかった・・・)

f:id:motossk:20171031235540j:plain

 ハロウィンは宗教的行事

ハロウィンは宗教的行事が起源と言われているようですね。

誰が行っていた行事かというと、古代ケルトだそうです。
古代ケルト人とは古代ヨーロッパの中部と西部、地中海の一部地方に住んでいた人々の総称だそうです。

www.phantaporta.com

日本人にとって新年は1月1日ですね。古代ケルト人にとっての新年は11月1日
万聖節と呼ばれていたようで、この万聖節を英語表記すると「All Hallows」。

その前日にあたる10月31日は「All Hallows'Eve」と呼ばれ、それが訛りハロウィンと呼ばれるようになったようです。

ひとつめの疑問、解消。

仮装は魔女や魔物を騙すため

さて、一番気になっていた仮装です。
ハロウィンが近づくと「今年の仮装何する〜?」って会話も聞こえてきます。

なんで仮装するの・・・?

調べていくと仮装するのも少し納得です。
どうやら、「仮装=魔女や魔物を騙して魂をとられないようにするため」のようです。

先ほど取り上げた万聖節
万聖節の前日である10月31日の夜には、この世とあの世を隔てる扉が解放され、亡くなった人たちの魂がこの世に帰ってくる日でもあったようです。

ところが!
この流れに便乗して魔女や魔物という悪者まで入ってきて、生きている人たちの魂を奪っていくという悪事を働くんだとか。そこで、生きている人たちは思いつきます。

自分も死する者ですよ〜と表現しようと。
そこから仮装という対策に至ったようです。
だからゾンビやドラキュラなど、過激系の仮装が多いわけです。

ふたつめも解消。

ジャックランタンは天国にも地獄にもいけない魂が唯一頼れるもの

ハロウィンと言えば、お化けの顔にくり抜かれたカボチャが有名ですよね。
なんでカボチャ?なんで顔を?そしてなぜ火が灯ってる?と疑問が絶えません。

どうやら、カボチャが大事なわけではなく火が重要なようです。

カボチャのアレの正式名は「ジャックランタン」というらしいです。
ジャックというのは人の名前で、このジャック、アイルランドの伝説に登場する意地悪な男だそうです。ジャックは大酒飲みで嘘つきという意地悪な男で、ある日悪魔を騙し、悪魔に「自分の魂を取らせない」と約束したそうです。ところがジャックも人の子ですから死ぬときがきます。

しかし・・・

悪魔に魂は取らせないと約束しているため地獄にいけず、生前は悪さばかりで天国にもいけず。どこにも行けなくなったジャックの魂はランタンの火を頼りに彷徨い続けていると言われています。

なので火が大事だということです。
どうやらカボチャはアメリカに渡って以降の話で、当初はカブだったようです。

これで最後の疑問も解消。

どうしても性格上、起源を知りたくなってしまい。。。
ハロウィンの起源を知ると、なかなか怖い話だなという感想も持ちました。
そして仮装をすることで"生"を実感してたのかなあと。

このハロウィン、日本における経済効果は昨年で1345億円と年々伸びてきているようです。バレンタインの経済効果を超えているようですね。

minnkane.com

確かに、バレンタインはチョコレートだけですが、ハロウィンはお菓子+仮装があるので、手の凝った仮装をすればするだけ材料費など消費活動は活発になるでしょうしね。

日本では仮装をして楽しみますが、世界ではいろんな楽しみ方があるようです。

allabout.co.jp

 

さて、今年は昨日終了したばかり。経済効果はいかほどだったのでしょうか。