読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motoyuki's Resilience Life

レジリエンスを高めるためにIT・介護・人材育成などジャンル問わず考えを綴る佐々木基之のブログ

今後期待高まる"IT×福祉"を肴に語らう

涼しい日が増えてきましたね。すっかり秋の気候に変わってきました。

前回のブログから季節が変わってしまいました。

久しぶりのブログですし、何を書こうかと思っていたんですが、直近で実現しようと思っていることを書きたいと思います。

 

"IT×福祉"を肴に今後の連携を語らおう

ブログを初めてまもなく1年を迎えます。

ブログのカテゴリの1つに福祉があります。

福祉に興味を持ち、ブログを通しても学んだ事や得た事を発信してきました。そして『介護のおしごと』という連載企画を自分で発案し、現在まで3回ほど実施してきました。

IT業界で働いている分、福祉業界で働く方々の考え方、働き方は学ぶことが多いです。

と同時に、もっと改善したらいいのにと感じる部分もあります。

これまでは学んだ事、感じた事をブログを通して発信してきました。でも、同じように学びや課題を感じている人はいるんじゃないかと思います

そこで!

今後期待される"IT×福祉"をテーマに語らいたいなあと思いました。

f:id:motossk:20150908221152j:plain

 

"IT×福祉"に感じること、期待することなどざっくばらんに

語らおうと言っても、堅苦しいものにするつもりは全くありません。

"IT×福祉"をテーマに、普段思っていること、期待すること、解決しないといけないことなど、ざっくばらんに話せればいいなあと感じています。

"IT×福祉"をテーマにするということ自体多くはないのかなと思っているので。

  • IT分野では常識なのに、福祉業界ではなんでそんなやり方してるの?
  • 福祉業界ではこういうことに困ってるけど、IT入れたら解決しそう!
  • ぶっちゃけITってよくわかんないからとっつきにくいんだよね・・・

のような会話ができればひとつ前進かなと思っています。

 

そもそも、なぜ、"IT×福祉"なのか?

2025年問題、地域包括ケア、介護福祉の人材不足、など従来のやり方で進めていっては解決しにくい課題は数多くあります。過去のブログでも取り上げてきましたが、介護は介護、福祉福祉、というように自分たちでなんとかしないとというのは今後難しいと思います。

ITであったり、人工知能であったり、何かと福祉を連携させるという取り組みが必要だと感じています。

そして、現時点で"IT×福祉"の取り組みはあまり多くないというのが現状です。

だからこそ、"IT×福祉"をテーマにしたいと思いました。

 

福祉業界の現場で求められていること、解決したいこと、困っていること、

それらに関してITが提供できること、ITを導入することによるメリット・デメリット、

などそれぞれの分野で感じていることを素直にやり取りすることが今後の連携の第一歩かなと感じています。

 

福祉分野の方からしてみれば、IT分野の人と交流する機会はなかなかないと思います。

IT分野の方からしてみても、福祉分野の人と交流する機会はなかなかないと思います。

交流を通して出たアイデアを書き留めて、実際に何かしらカタチにしていきたいものです。

自分たちでできることは自分たちでやってみる。

実現したいことのためには難しいようで一番の近道なのかもしれません。

 

まずは語らいましょう。