読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motoyuki's Resilience Life

レジリエンスを高めるためにIT・介護・人材育成などジャンル問わず考えを綴る佐々木基之のブログ

Tokyo!Kyoto!Fukuoka・・・?

アウトドア・スポーツ

ご無沙汰してます。

気づけば11月が終わってしまいますね。

 

実は先週の3連休は京都に観光に行ってきました。

この3連休は紅葉の見頃。

訪れた寺、神社、ふらっと通りかかった道の木々の葉は赤く映えていました。

f:id:motossk:20141129161232j:plain

 

京都は空が広い

京都は何度か訪れた事があるんですが、いつも京都に来るたびに、

あ~なんか落ち着くなあ

という感想を持ちます。

なぜだろう?と考えて、行きついた答えは・・・空が広い

もちろん、空そのものが広いのではなく地上から見える空の面積が大きいわけです。

 

京都は条例上、景観を維持するために背の高い建物は建てられません。

一番高い建物は京都タワー(131mです。

福岡も街中に空港があるので、航路付近には背の高い建物は建てられません。

 

福岡も京都もなんだか落ち着くのは、空が広いことが関係しているのかもしれません。

 

龍安寺でグローバルな体験

観光先のひとつに、京都の龍安寺に訪れたときの話です。

f:id:motossk:20141129162040j:plain

 

龍安寺は、石庭が有名です。

庭の中に大小、形さまざまな石が全部で15個配置されています。

ところがどの角度から見ても、15個全部は見えないという謎に満ちた庭です。

 

寺内の建物に入り、建物の縁側的なところから石庭を見ていたときのこと。

隣にテキサス州から観光に来ていたアメリカ人の女性(60代)が座りました。

 

アメリカ人の女性がiPhoneを持ち庭の写真を撮ろうとしていたのですが、

僕が写り込んでしまっているようで、「Oh, Sorry」と話かけたところから会話が始まりました。

 

Tokyo!Kyoto!Fukuoka・・・?

その女性は、11月17日から27日までの10日間日本に滞在する予定で、

もうすぐテキサスに帰らないといけないことが淋しいと話していました。

特に淋しいのは日本食を食べられないことだと、なんともユニークな方でした。

 

会話の中で、Youはどこから来たんだ?と聞かれたので、Fukuokaから来たよと返すと、

Fukuoka・・・?

という反応。その女性は福岡を知りませんでした。

逆に知っているところを教えてと聞くと、

Tokyo!Kyoto!Osaka!

だと。これは福岡在住の僕からしたら結構な衝撃でした。福岡は認知度低いのかと。

 

これからはアジアの中心に

福岡県は経済の取り組みに積極的ですね。

アジアのシリコンバレーの中心に福岡!という話もよく聞きます。

アジアの方にとってみれば、Fukuoka はよく知ってるよ!という話だと思います。

ただ、欧米の方にとってみれば、Fukuoka・・・?が普通なのかもしれません。

 

福岡に住んでる自分として、龍安寺での1コマは結構印象に残りました。

 

Oh,Fukuoka!I know I know という会話ができるように、

福岡に住んでるひとりとして、福岡経済に貢献できるよう仕事がんばります。

 

最後に、心癒された写真が撮れたのでおすそわけです。

f:id:motossk:20141129163544j:plain