Motoyuki's Resilience Life

レジリエンスな生き方を高めるべくIT・教育・仮想通貨など興味に対する考えを綴るブログ

ブログ

知識を価値に変えるには「問い」と「ストーリー」が大事

仕事で新入社員研修の講師をしていることもあり、いろんなジャンルの教養を付けておかないとという意識を持っています。要するに話のネタをいくつも持っておく事を心がけています。 本当に大した事じゃないことも沢山あるし、雑学的なもの、スポーツ、陰謀論…

自分の人生の手綱を握っているのは誰?【世界の終わりの歩き方】から考えるこれからの生き方

先日の読書会の記事に書いていたように2017年のBEST BOOKを紹介します。 紹介するのは「世界の終わりの歩き方」です。 著者は投資家でもあり、実業家でもある松田元さん。実は松田元さんとは一度お会いしたことがあります。5年ほど前に福岡でとあるセミ…

読むだけの読書は勿体無い!感想を共有することで得られる「新しい学び」

いきなりですが、みなさんはどんな読書をしますか?「いやいや、読書って本を読むこと以外何するの!?」と総ツッコミでしょうか。 個人的に、今年はこれまでの読書とは違った読書をする1年でした。 これまでの自分の読書は読んで終わりです。それが今年は…

Evernoteコミュニティリーダーの川添祐樹さんとの忘年会レポート

2017年も残すところあと数日となりましたね。忘年会も終盤に差し迫ってきた頃と思います。 そんな自分は先日、Evernoteコミュニティリーダーの川添さんと忘年会してきました。 川添さんとは私が学生NPOをしている頃から親しくさせていただいています。今…

正社員にこだわる必要性は昔ほどじゃなくなる

僕が就職活動をしている時代(今から7年前くらい)は、ニートという言葉が結構ネガティブな意味で使われていて(そういう気がする)、内定がなかなかもらえないと「ニートになったらどうしよう」とか考えてました。 当時は「働く=正社員になる」という考え…

非効率な仕事を効率よく。効率化を可能にするITツール

仕事を効率的に進めるというのは常に付きまとうテーマかと思います。 効率的にやろうと思って取り組む事はとても良いことだと思いますが、努力目標や意識だけで終わってる場合もあるかもしれません。 そこで今回は、少しでも効率的な仕事をしていくためのIT…

AI時代を迎えるからこそ感性を磨くことを怠らない

日々生活しているといろんな場面で半自動化や完全自動化などを目の当たりにして世の中進んでるなあと感じるわけです。 それこそリンガーハットの自動鍋送り機や、ビジネスホテルの自動チェックインとか、人が介在するのはほんの一部になっている業務がどんど…

本気の大人の姿は子供たちへ大きな影響を与える

「大人になればなるほど意識的に初体験を積んでいかないといかんな〜」 先日、劇団四季のリトルマーメイドを観覧したときにそう感じました。 今までミュージカルを観たことはほぼ皆無だったのですが、映画を観終わった時には無い感覚の数々。演者の歌声、表…

ディズニーキャストに見る人としての気持ち良さ

年間約3000万人が来場する東京ディズニーリゾート。1日あたりで考えるとなんと10万人が訪れてることになります。 先日、ディズニーランドとディズニーシーに1日ずつ行く機会がありました。丸1日ディニーランド、ディズニーシーで過ごすというのは人…

ハロウィンで仮装するのはなぜ?なんと生きるための策だった?

10月末が近づくにつれニュースも街中もハロウィン一色。朝のニュースも、昼のニュースも、夜のニュースもハロウィンハロウィン・・・ なぜ10月31日がハロウィン本番かご存知ですか? なぜハロウィンで仮装するかご存知ですか? なぜカボチャをくり抜く…

現状維持は緩やかな衰退

「希望も不安。どっちも正体は同じものだと思うんです。」 以前このブログでも紹介した、作家の喜多川 泰さん。この言葉は喜多川さんの言葉です。 福岡で講演することを知り、行ってきました。 講演でのお話が素晴らしく、忘れないようにと備忘録代わりにブ…

2015年上半期を振り返る。振り返るときは"振り返り方"が非常に重要

先日、リュックサックリフレクションというワークショップに参加してきました。 リュックサックリフレクションとは何か?については、ワークショップ主催者の中尾さんのブログから引用してきました。 僕たちが過ごしている時間(リュックサック)にどんな行…

物の中身って"見てみよう"と思わないとやっぱり見れない

プログラミングをしててつまづくことってやっぱりあって。 何かの機能を実現したいときに、ライブラリといって既に利用できる形になってるものを使うことが多いです。ライブラリの使い方を知るのはもちろんなんですが、ある程度中身を理解してないと応用を効…

内に秘めた想いは周りからは見えない。秘めても仕方ない。

内に秘めた熱い想い というフレーズあると思いますが、秘めてても仕方ないと思ったります。 なんでかと言うと、周りに熱い想いは見えないからです。単純に。 想いがあるなら話す、書く、歌う、体を動かす、みたいに表現したらいいって思うんです。

人生初の胃カメラ。前日と当日を振り返る。

実は先日、人生初の胃カメラを経験したんです。 初めてのことでいろいろわからないこともあったので、これから胃カメラを受ける方や今後のためにも、ログに残しておこうと思います。

医療は「受けるもの」でもあるが「自ら考えるもの」でもあるなと。

医療=当たり前に存在して、必要なときに受けることができるもの そんなふうに考えてました。でも、それって凄いことですね。 現役の薬剤師さんとの話を通じて、医療ってものと初めて向き合いました。

エンターテイナーは良い方向に期待を裏切ってくれる

福岡の「あんみつ姫」には最高のエンターテイナーがいました。 あんみつ姫が何か気になる方は是非こちらをクリックしてみてください。 実際、お店の中に足を運ぶまでは自分とは縁のない世界だと思っていました。 あんみつ姫は最高だよ!と教えてくれた友人と…

人は無意識のうちに決まった行動を決まった時間に繰り返す

出張で地方に長期滞在していたときの話です。 宿泊先としてホテルを利用したのですが、そのホテルは温泉付きというなんともありがたいホテルでした。 僕は仕事が終わりホテルに戻ると、1時間ほど仕事の整理をして温泉に向かうのですが、温泉には必ず先客が…

モテる奴は安心感を作るのが上手い!?ナンパ師とできる営業マンの共通項

昨日のブログを書き終わった時に思ったことがあります。 モテる奴って、安心感作るのが上手いんじゃないか? 女性が男性を選ぶ上で大事な部分に相手の人間性があると思います。また、男性が女性を選ぶ上でも同じことが言えると思います。 顔が好みかどうかも…

レジリエンスを養う。社会人4年目のスタートを機に自分の方向性について考える。

今日から新しい年度のスタートですね。自分も早いもので社会人4年目のスタートです。 新年度を機に、これからの自分の方向性、スタンスについて考えてみようと思います。 さっそくですが、レジリエンスという言葉を聞いたことはありますか?

やりたいことを仕事にしたいとは言うけれど、やりたいことって何なのよ?というお話

昨日は新社会人の方へと題して、自分の1年目を振り返りつつ仕事への取り組み方という視点でブログを書きました。 1週間後から社会人になる方へ。仕事をするって何か改めて考えてみてください。 - Motoyuki's blog 自発的に取り組むことや、頼まれごとは試…

1週間後から社会人になる方へ。仕事をするって何か改めて考えてみてください。

朝のニュース番組では桜の開花情報がバンバン流れてます。春ですね。 道を歩くと袴姿の方や正装の大人の方が多く、卒業の時期であることを認識します。 と、同時にもう1週間ほどで新しい始まりを迎える時期でもあります。 そこで今日は1週間後から社会人に…

論理的思考は答えを見つける万能薬ではない

最近、後輩の質問をきっかけに文系と理系の違いについて考えてました。 先日その後輩と共通の先輩の3人で朝からお茶する機会があったので文系と理系の違いについてまとめ的な感じで少し話したときのことをまとめようかと。

文系の人と理系の人を区別できる明確なものはあるのか?

文系の強みってなんでしょうか? 先日、後輩(文系)から受けた質問。皆さんは何だと思います? 文系と理系の違い

東京では折りたたみ傘を持つ人の方が多い?

先週、仕事で東京に行ってました。 東京での天候はあいにくの雨。福岡から折り畳み傘を持参していたので、特にひどく濡れることもなく移動できたのですが、移動しながら気になってしまったことが。。。 東京って折り畳み傘の持参率高くない!? 気になってし…

思いがけない撮影をしちゃいました。ホビット3部作ファンチャレンジ企画

趣味が映画鑑賞という方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか? かくいう自分も、映画鑑賞は大好きです。学生の頃は毎週最低3本は映画を見てました。 最も好きな映画は「ロード・オブ・ザ・リング」です。 今回は、ロード・オブ・ザ・リングが好きすぎ…

子供は親の教育による成果物ではない。

最近の小さい子は自分で考える機会が多くないんだろうか? と、前に記事にしたことがありました。 考えるよりも先に教えてもらうために、小さい頃から与えてもらうことに慣れる。 考える癖を持つにはどうしたらいいのか? 林 修先生が教える「東大に入れる方…

選択肢が多すぎてもよくない。自分の考えが乗っていなければ選択肢とも言えない。

少し前の記事ですが、昨日の選択肢の話に関連している内容だったので、今日も選択肢をテーマにしたブログを書きます。 <a href="http://www.ex-ma.com/blog/archives/1873" data-mce-href="http://www.ex-ma.com/blog/archives/1873">消費者は種類が多すぎて選べない。だからあきらめる。~キュレーションの時代</a>

決断するために必要なことは勇気や覚悟の他に、複数の選択肢を持つことではないでしょうか。

つい先日、朝7時半から3時間ほど後輩とカフェしていたときの話。 自分で決断するという機会が減ってきているんじゃないだろうか 終始このテーマで話していました。

自分のことを定義付けるために、勇気を持つ

今朝、眠い目をこすりながらfacebookのフィードを見ていると、とある動画を発見。 眠たかったのが一瞬のうちに消え、動画の内容に引き込まれました。 引き込まれたという動画がこちら。(出典 TED: Ideas worth spreading) スピーカーの彼女は世界で3人しか…